コンピューターによる制御(1年生技術)

1年生の技術では、今、コンピューターによる機器の制御を学習しています。
現在使われている家電のほとんどには、コンピューターが組み込まれており、自動で様々な作業をしてくれます。
この日はロボット掃除機を題材に授業を行いました。
ロボット掃除機には側面と裏面にセンサーがついています。


この2種類のセンサーは何のためにあるのか班ごとに考えました。


横のセンサーは「障害物や壁にぶつからないため」、裏面のセンサーは「床のごみを感知するため」、と予想している班が多いようです。
さて、正解は・・・ビデオで答え合わせをしました。


裏面のセンサーは、段から機器が落下しないようにするセンサーでした。


技術室に移動し、ロボット掃除機が掃除をする様子を実物で見てもらいました。
横のセンサーがあるので、壁にはぶつかりません。
また、落下防止センサーがあるため机から落ちることもありません。

(たまに落ちることもあるので、ご家庭ではマネしないでください。)